死は決して孤独であってはならないプロジェクト・ブラード

プロジェクトの目的

私たちの 学楽士 ページから、シンキリンは、これが私たちが焦点を当てたい最初のグループであると判断しました。当面の目標は、高齢者の死亡を検出して、一人で死なないようにすることです。したがって、早期の成功基準は死の検出です。「人は決して一人で死なるべきではない!」はプロジェクト・ブレンドのモットーになります。

ブラーンドの意味(創設者より)

ブラーインドはブラインドの日本語です。私は、一人の高齢の女性がブラインドを使って、彼女がまだ生きていることを隣人に知らせるために、私は、鼓徳志についてのドキュメンタリーの一つを通して知りました。もし彼女のブラインドが開いていなくても、それは彼女が最も好きだったことを意味しました。私が友人にこの話をした後、彼は私が私のプロジェクト、プロジェクトブラインドを呼び出すことを提案しました。その後、プロジェクト・ブラードになった日本語に変換しました。

戦略

Covid-19パンデミックのために、私はこのプロジェクトをどのように実行するのかについて多くのことを考えるようになりました。私たちは、ソリューションの一部として、手頃な価格の技術を使用する予定です。現在、プロジェクト・ブラーンドは以下のコンポーネントを構成します。

  • プロジェクトの実施に既存の「孤独な死」組織とシステムを使用します。
  • LIVEデータIoTトラッキング(4G可) に不可欠な5Gネットワークの使用。携帯電話は、インターネットプロバイダとのコラボレーションで最初に使用することができます。
  • 心拍数、呼吸、体温を含むようにバイタルを追跡できる手頃な価格のウェアラブル(時計ではない)。
  • 人のバイタルによって活性化される中央位置のカメラ。カメラには、接触のためのスピーカーコンポーネントが必要です。
  • 可能な限り、ブロックチェーンとIPFSに保存されるすべてのデータ。アクセスは、合意されたサブスクリプションに応じて医師、警察、病院に与えられます。
  • ML を使用して、潜在的な予測のデータの分析を開始します。
  • 手頃な価格の場合は、アパートの中のためのミニドローンやロボット。ミニドローンやロボットには、カメラ、センサー、スピーカーを搭載することもできます。人間が制御する可能性が最も高い。私たちは、ここで関与するひきこもりを見ています。
  • 地元の警察署(交番)に保管されているエリアドローン。5Gがアクセスできない場合、ドローンはバイタルサインによってアラートがトリガーされたときに高齢者に帯域幅を飛び、指示することができます。可能であれば、コバンを利用したいと考えています。
  • 孤独死の清掃事業と連携して業務を行う。死亡した人をより速く検出できれば、家を掃除する方が簡単になるという考え方です。

現在のステータス

現在は、このプロジェクトを立ち上げる事業計画に取り組んでいます。Twitterの最新情報を確認してください: #shinkirinupdates.

編集:2021年7月10日 松永直久(ケビン)

対象となる社会問題: 孤独死 | ひきこもり | 男女平等

プロジェクト・バーネットの名前は、女性がブラインドを使って隣人に大丈夫だと言うドキュメンタリーに触発されました。
プロジェクト・バーネットの名前は、女性がブラインドを使って隣人に大丈夫だと言うドキュメンタリーに触発されました。