死は決して孤独であってはならないことくし- 孤独な死

個人的な物語

2018年、私は日本に移住する時が来たのだと決めました。しかし、実際の動きをすることは難しいことが判明しました。奥深くで、最後の動きをするためには目的と意味が必要だと感じました。日本に日本人の親戚がいるのですが、人生の4ヶ月しか過ごしていません。私を国に引っ張るものは何もなかった。少しわがままになるために、日本社会に役立つ何かをしたいと思いました。

その「何か」は、鼓徳志のドキュメンタリーを見た後、2019年に来るでしょう。驚いたのは、毎年死ぬ公教の非公式の数でした。2009年の1つの数字は、毎年32,000人が単独で死亡していると述べた。別の数字は、2040年までに20万人の日本人高齢者が自宅で一人で死亡すると述べた。私は何かをする必要があると決めました。

プロジェクト・ブラード

Shinkirinのゴールは、鼓道師の死を検出することです。可能であれば、死がいつ起こるかを「予測」できるようにしたいと思います(理想主義的な目標)。既存のテクノロジ ツールは、これらのタスクにおいて重要な役割を果たします。プロジェクトの開始段階では、成功基準は低くなります。

タイミングが原因で成功したプロジェクトだって言う。私のプロジェクトに必要なツールは、2019年に高価すぎるか利用できませんでした。2021年までに、私のプロジェクトのアイデアはより現実的になりました。したがって、私は プロジェクト・ブラーンドの仕事を始めることにしました。このプロジェクトでは、あらゆる年齢層の方々の健康と幸福に関する国連の持続可能な開発目標3ガイドラインを推進します。

現在のステータス

現在は、このプロジェクトを立ち上げる事業計画に取り組んでいます。Twitterのアップデートをチェックしてください: #shinkirinupdates.

編集:2021年7月7日、松永直久(ケビン)

クイックリンク: 孤独死 | ひきこもり | 男女平等 | 自殺 | 過労死

非公式の数字によると、2040年までに年間20万人の日本人が孤独に死ぬという。
非公式の数字によると、2040年までに年間20万人の日本人が孤独に死ぬという。