現代の隠れ家や単なる内向的な人?ひきこもり

異なる視点

ひきこもりは、世界のどこにも見えない日本の現象です。ひきこもりは隠れ家ではなく、脱出を必要とする内向的な人です。この社会からの完全な撤退は、世界中の内向的な人々の経験と似ています。違いは、日本で人が「引き出し」をする時、それは社会問題と呼ばれるということです。日本以外では「充電」と呼んでいます。

プライバシーの欠如は、内向的な人のために消耗しています。常に人々と交流しなければならないことは、内向的な人にとっても消耗しています。世界の他の地域では、内向的な人は簡単に逃げることができます。日本はプライバシー重視の社会ですが、仕事の生活の厳しい現実は外向的な人に適しています。これは日本でもっと取り組む必要があるものです。

プロジェクト・ブラーンドとヒキコモリ

ひきこもりは、プロジェクト・ブラーンドの初期段階で一緒に働きたいと考えているグループの一つです。社会は、ひきこめに有利な職場環境を考え出す必要があります。

編集:2021年7月7日、松永直久(ケビン)

クイックリンク: 孤独死 | ひきこもり | 男女平等 | 自殺 | 過労死

隠れ家や内向的であることは、社会問題ではありません。
隠れ家や内向的であることは、社会問題ではありません。