日本は男女不平等のレベルが高い男女平等

問題を

日本は2019年の男女不平等指数で188カ国中19位で、先進国の最悪のパフォーマーの一つとなっています。2017年現在、OECD諸国の賃金格差は3番目に高い。日本の女性は、政治とビジネスの両方で上層部の地位に低い存在感を持っています。これを乗り越えるためには、女性や家族に優しい職場環境を導入する必要があります。

Shinkirinが男女平等を促進する方法

Shinkirinは、国連の「持続可能な開発目標5」に定められたガイドラインに従い、プロジェクトと労働力における男女平等を促進します。私たちの目標は、女性と家族に優しい職場環境を促進することです。私たちの目標は、女性が経営陣の上位レベルに代表される労働力の60%以上を占めることを目指しています。

編集:2021年7月7日、松永直久(ケビン)

クイックリンク: 孤独死 | ひきこもり | 男女平等 | 自殺 | 過労死

将来の日本は、これらの若い女子高生に彼らの男子生徒の相手として平等な機会を与える必要があります
将来の日本は、これらの若い女子高生に彼らの男子生徒の相手として平等な機会を与える必要があります。